スケルトン改修について

今日はスケルトン改修についてお話しします。


よく聞くスケルトン改修とは、

内装床、壁、天井、外壁、など取り払い、基礎、屋根、柱、梁などの骨組みを残す、

大規模のリフォームを指します。


ここまでするなら、解体してから新築した方が安くつくのでは?

と言う声が聞こえてきそうですが、基礎工事が必要なく、解体費用も割安となり、

新築と比べて工事費は安くつきます。

また、一度解体してしまうと新築となり、隣家との距離を確保しないといけないという法律も

絡んできますので、家が小さくなってしまう事が、やはりスケルトン改修を選択する

大きな要因となっているのではないでしょうか。


スケルトン改修のメリットとしては


・基礎の状態を把握できる

・柱や梁の傷み具合も目視できる

・構造の補強や交換、耐力壁の追加など

耐震性能をアップすることが出来ます。建物の寿命を延ばすことにもつながります。


断熱材をグレードアップしたり

窓をペアガラスに入れ替えたり

断熱の改修なども簡単にできます。


水廻りや玄関、階段の位置など、間取りも比較的大きく変えることが出来ます。


・建て替えに比べ工期が短い


一気に改修できるので少しづつ何回か改修をするよりも、耐震・断熱共に切れ目なく

全体で計画できるため、2度手間を減らし合理的に進めることが可能です。


デメリットとしては


やはり費用が高額になるという事。

解体してみてから不具合が見えてくるので、追加工事が発生する可能性が高く、

予算の予定を立てにくい


仮住まいの費用、トランクルームなどの荷物を預ける場所が必要

補強工事などの工期と共に膨らむこともあります。


増築などが絡むと確認申請が必要になるケースもあります。


どこを残して、どこを変えるのか。

その為には、現状を見てどこを補強するのか判断が求められますので、

施工者の技術力が必要となります。


いずれにしても高額なリフォーム工事なので、メリットデメリットを充分考慮して

ご家族とじっくり相談する必要があると思います。


スケルトン改修を検討されている方の、

何かのヒントになればうれしいです。

© 2014 by 総合建築植田 ​℡ 0799-62-3184 dremhome@crest.ocn.ne.jp