屋根材の選定

皆様、こんばんは

今日は屋根の材料選定についてのお話し、

屋根葺き材として代表的なものは

①瓦

②スレート(カラーベスト)

③アスファルトシングル

④金属(ガルバリウム鋼板など)

⑤樹脂繊維セメント瓦

⑥その他

などが挙げられます。

では、それぞれのメリットデメリットを挙げたいと思います。、


①瓦、(淡路、石州、三州が三大産地)


陶器製品と同じようなもの、粘土を成形して焼いたもの

 お寺やお城など古くから使われています。

 最近はいろんな形の瓦がありますので

 好みの外観に合わすことも可能です 寿命40年~50年以上

 

 メリット  一番長持ちする

       遮音性が高い

       断熱性が高い

       色の劣化なし(いぶし瓦は経年変化あり)

       再塗装不要

       結露しにくい

       風でとびにくい

 デメリット  凍って割れるものもある

       初期費用が高い(平板瓦は比較的安価)

       重い(地震に弱いわけではない)

②スレート 


 

 カラーベストやコロニアルなど普及率の高い

屋根材です。スレートに着色しているため

色は豊富で外観を合わせやすい、寿命15年~30年

メリット    シンプルなデザイン

       安い

       軽い

       加工しやすい

       外観に合わせた豊富な色揃い

デメリット   割れやすい

       再塗装必要15年~20年

       結露対策必要


③アスファルトシングル




防水紙の表面に小さな石を吹き付けたもの

アメリカでは定番の屋根材です。寿命10年~30年

メリット    柔らかい素材なので割れない

       錆びない

       防水性が高い

       遮音性が高い

       DIYなどで扱いやすい

       色の種類も豊富

デメリット   台風などの強風でめくれることがある

       表面の小石が取れやすい

       夏場など高温時は柔らかくなりすぎる

       メンテなどで登ると足形が付くことも

       カビやコケが発生しやすい


④金属 



ガルバリウム鋼板などでよく知られている、

瓦棒葺き たてはぜ葺き 平葺きなど

葺き方も色も種類が豊富です。寿命15年~30年

メリット    軽い

       防水性が高い

       加工がしやすい

       比較的安め

       意匠性の高い外観が可能

       ゆるい勾配でも施工可能

       色も豊富

デメリット   雨音が響きやすい

       夏は暑い 断熱対策必要

       結露しやすい 通気層必要

       錆びる

       キズ・ヘコミができやすい

       再塗装必要 15年~20年


⑤樹脂繊維系セメント瓦


瓦とスレートのいい所をあわせた性能

見た目は瓦で瓦の半分くらい軽いというのが売りです。

メリット    軽い

       割れにくい

       断熱性能が高い

デメリット   かなり高い

       再塗装必要 20年~30年

       新素材なので実績が少ない


⑥その他


草屋根なんてものもありますね

めっちゃかっこいいですが、それなりの覚悟も必要⁉

メリット    目に優しく

       自然を感じられる

       断熱・遮熱効果が高い

       季節の花を植えられる

       雨音は気付かない

デメリット   かなり高い

       かなり重い

       防水やり替え必要 20年~30年

       土の載せ替え     

       植物が根を張り出すと雨漏りの心配もある





とそれぞれのメリットデメリットを挙げましたが、


皆さんが思っている以上に

日本は建築物にとって非常に過酷な地域であるということ

地震・台風・北海道から沖縄までの緯度の差・

夏は高温多湿 梅雨・塩害 など

様々な角度から建築物に影響を与えます。


なので屋根材は慎重に選ぶ必要があります。

当社では、抜群のコストパフォーマンスと性能を重視し

瓦を推奨しています。もちろん淡路産瓦を(^▽^)/


皆さんも屋根材選びは慎重に、

メンテナンスを含めた長期的な目線で考えてみてください。



© 2014 by 総合建築植田 ​℡ 0799-62-3184 dremhome@crest.ocn.ne.jp