top of page

弊社の考えるSDGs

弊社の経営理念 「恷」  木と人と心を大切に 自然素材を使った住まいづくりを推奨し取り組んでいます



これを踏まえた上で弊社のSDGsを考えると


3番は「木」の部分にあたります {使う素材にこだわりを持ち安心安全な住まいを提供する}


弊社がお薦めしている自然素材 自然素材を使う事で少しでもアレルギーなどのリスクを減らし

断熱性能も上げることでヒートショックなどの健康被害を低減します。

住む人にとって心が休まる家であることを大事にしています


最近話題になっている3Dプリンターの家 確かに魅力的なものではありますが、 ほぼ化学物質で出来ている住まい

果たして人にとって安全と言える住まいなのでしょうか?

すまいが引き起こす健康被害については こちらを参照



4番は「人」の部分

{職人として常に技術の向上を目指し仲間と協力し合い助け合う}


日本はすでに職人不足に陥ってきています

2022年には29万にとなった大工も 20年前までは64万人とも言われていました

しかも2020年時で30歳以下の大工は7%しかおらず

7年後には21万人まで減るとも言われています

他の職方(建具・畳・板金)はもっとひどい数字になってきているのが現状です


そんな実情も踏まえ弊社では約10年前から職人の育成に力を入れています


20代の大工が、意欲的にバリバリと現場で経験を積んでくれています

30代の左官女子も数年前に独立し頑張ってくれています

今は高卒の大工見習を育成している所です



12番は「心」の部分 {住まい手の夢や想いを汲み取り実現する}


ほとんどの人が家を建てるのは一生に一度の大仕事

やはり失敗もしたくないし、

なによりも新しい家が出来て、そこに住むことで実現できる

家族との夢や希望、沢山の想いを込めて家造りに取り組みます

その想いに気付き汲み取れる職人でありたい

そして何よりも自分たちが建てた家が原因で病気や死に至るようなことがあってはならない

笑顔溢れる住まいであって欲しいなと思っています。


弊社では自然素材をたくさん使い住まいを造っていきます

少しでも無駄の無いように、自然の恵みに感謝し使わせてもらっている

という意識が大事なんだなと感じます。


8番は根幹の部分でもあります

{ありがとうが生まれる仕事を提供する}


3・4・12を守った家造りをすることで

住まい手にも喜んで頂き、 感謝の言葉を頂ける本当にありがたいことで、 弊社職人たちのモチベーションにもつながっていきます 住まい手感謝DAYというイベントでは

造り手と住まい手が、より近くに感じられるように

ものづくりを通して1日楽しく過ごしたりもしています


又、住む人にとって理想的な家に近ければ近いほど 家に帰るのが楽しくなる 

早く家に帰りたい 家族の笑顔が絶えない

こころが休まる住まいとなり

明日から仕事頑張ろうってなって 経済も発展していくとか

サイコーじゃないでしょうか(≧▽≦)

SDGsはここ数年で何かと話題に上がるようになってきましたが すごく日本に合っている取り組みで 今までやってきたことが普通にリンクしてたりと 自分たちがやってきたことに

より自信が持て、背中をそっと押ししてくれるような そんな風をかんじている今日この頃です(#^.^#) もちろんまだまだリンクしている他の項目もありそうです 5・6・7・11・13・14・15・17 この辺りはまた次回にでも

閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page